20代 ニキビ 治らない

20代のニキビが治らないのは洗顔料が合っていないから?

20代以上に出来る大人ニキビは、思春期ニキビと違い原因が少し違ってきます。10代の思春期にできるニキビの主な理由として、皮脂の過剰分泌により、毛穴詰まりや汚れによりできてしまいます。

 

また、大人ニキビの原因のひとつとして、生理前のホルモンのバランスの乱れによりできてしまう場合もあります。

 

そして、ホルモンのバランスが乱れると、皮脂と水分のバランスが悪くなり、皮脂が過剰に分泌されるにもかかわらず、お肌が乾燥してしまったりする場合があります。

 

例えば、Tゾーンは脂っぽいのに、口まわりやUゾーンが乾燥して粉をふいているなどの現象が起こります。

 

ですから、10代の思春期用の脱脂力が強いニキビ洗顔料を使用すると、皮脂を取り過ぎてしまったり、乾燥している箇所は、さらに乾燥するという悪循環に陥ってしまいます。

 

20代のあなたに合ったニキビ洗顔料を選択する必要があるということですね。

 

女性は、20歳代前後をピークにその後は、皮脂の分泌量が減少していき乾燥しがちになっていきます。すなわち、お肌の曲がり角というものですね。

 

20代以降の大人ニキビ対策は、10代の時のニキビ対策とは違うものだと理解して、スキンケアを実施していきましょう。

 

 


20代の大人ニキビに最適なスキンケア化粧品は?

10代にニキビが出来ていなかったにもかかわらず、20代になってから出来てしまう女性もいます。

 

例えば、社会人になって生活習慣が不規則になったり、ストレスが溜まったりしたりするとホルモンバランスが乱れたりして大人ニキビが
出来てしまいます。

 

また、毎日の仕事が忙しくお化粧を落とさずに寝てしまったなど、スキンケアがおろそかになってしまうと毛穴に溜まった汚れが原因でニキビが出来てしまいます。やはり、毎日の洗顔スキンケアを実施していくことがニキビケアには大切です。

 

ビーグレン

ビーグレンの天然クレイ洗顔料は、お肌の皮脂を保ちつつ皮脂や汚れを落としてくれる洗顔料です。このクレイ洗顔料は、他の洗顔料と比較すると泡立ちがあまりありません。

 

 

ビーグレンのクレイ洗顔料は、天然クレイが持つ汚れに吸着する性質を利用することによりお肌に付着する汚れを取り除いてくれます。

 

また、高濃度ビタミンC美容液が、ニキビの出来にくいお肌に導いてくれます。

 

大人ニキビの治し方

 

 

 

 

草花木果

草花木果の大人ニキビケア化粧品は、植物であるどくだみの有効成分がニキビに働きかけます。

 

また、お肌の負担を軽減するために、鉱物フリー、パラベンフリー、タール系色素フリー、合成香料フリーとなっています。

 

 

ですから、お肌の保護機能が低下した女性には相性が良いと思います。また、草花木果の洗顔料は、ビーグレンと比較すると泡立ちが非常に良いということです。やはり、泡の洗顔がご希望の方は、草花木果の方がいいと思います。

 

 

 

 

 

オルビス

オルビスの薬用化粧水・クリアローションは、7つの機能性和漢配合です。和漢の力で大人ニキビを鎮めていきます。

 

 

オルビスの特徴は、100%オイルフリーということです。

 

 

もし、あなたが脂性肌でしたら、使いやすいニキビケア化粧品ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ルナメアAC

富士フイルムの独自ナノ化技術により商品化された大人ニキビケア化粧品のルナメアACは、刺激が強いだけのニキビケアでもなく、やさしいだけのニキビケアでもない新しいコンセプトのニキビケア化粧品です。

 

洗顔料のファイバーフォームは、もちもちの泡立ちでニキビの原因となる毛穴詰まりを防いでくれます。また、化粧水のスキンコンディショナーは、ニキビ予防の有効成分のグリチルレチン酸ステアリルを富士フイルムの独自技術でナノ化。さらに、ジェルクリームによりべたつきを抑えうるおいを長時間キープすることが出来ます。

 

ファイバーフォーム、スキンコンディショナー、ジェルクリームは、無香料で合成着色料不使用