20代 ニキビ 潰す

20代のニキビを潰すと跡が残ってしまうのか?

年齢を問わず世の女性の宿敵、それはニキビです。雑誌を研究して時間をかけてメイクを頑張っても、カワイイ洋服を着ておしゃれをしても、ニキビのあるお肌では自信を持ってません。

 

これから人間関係が広がっていく思春期、20代のニキビは特に気になりますよね。

 

ニキビが一度出来ると他の人があまり気ならないと言っても、自分では完全に治るまで気になってしまいます。

 

ニキビは怪我と違い完全に治るまでが長期戦となってしまうため早めのケア、ニキビが出来ないように防ぐという事が必要となってくるのです。

 

特に思春期、20代のニキビはホルモンバランスがまだ完全に整っていないため、正しいケアが必要になるのです。ニキビが出来た場合、気になるので潰してしまう人も多いかと思いますがコレは大きな間違いです。

 

潰した直後はあまり目立たなくなったように思えますが、潰すことにより化粧品の成分や雑菌が入り余計に悪化したり、治った後も潰したニキビの跡が残る可能性があります。

 

20代のニキビを潰して跡が残るとその跡は年齢を重ねてもずっと残ります。一度受けたダメージは肌に蓄積され、なかなか消えてくれないのです。

 

ニキビケアとして重要となるのは皮脂のケアです。ニキビの原因は色々ありますが、過剰に分泌された皮脂が酸化し、炎症を起こすことによりニキビが出来る事が主な原因です。

 

しかし、皮脂のケアをし過ぎて皮脂が少なくなりすぎると肌が乾燥してしまい、シワの原因となってしまいます。バランス良く保つ事は難しいですが、過剰にケアし過ぎるのも良くないということです。

 

そのため、20代のニキビケアは過剰な皮脂を取り除くことと、取り除き過ぎた油分を保湿することが大切です。しかし、20代の肌と40代の肌が違うように肌に必要な成分も違ってきます。

 

多くの成分を肌に与えすぎることも良くないのです。

 

まだ若い肌には肌への負担の少ない植物性保湿成分など自然由来のものが良いかと思います。代表的な化粧品としてはオルビス化粧品があります。

 

価格も手頃ですし、植物性保湿成分配合で優しく肌を潤してくれます。思春期、20代のニキビには正しいケアと予防でこれから先もずっと綺麗な肌の基礎を保ちたいものですね。