合成界面活性剤配合 クレンジング剤

合成界面活性剤配合のクレンジング剤はお肌に悪影響?

界面活性剤というとお肌に悪いという印象がありますが、クレンジング剤にも含まれるように、油分と水分を混合しやすくし、お化粧を落とすのに必要な物質です。

 

ただし、油性の汚れを落とす力が強い界面活性剤は使い過ぎるとお肌にとって必要な油分までも落としてしまう場合があります。

 

ですから、クレンジング剤を選ぶ時は、質の良い界面活性剤が入ったものを選択し、湿疹などお肌のトラブルにつながらないようにしていきましょう。

 

洗顔後にヌルヌル感が残ったりしたら、それは界面活性剤が残っている証拠です。また、人為的に合成された界面活性剤もあります。それは、合成界面活性剤と呼ばれるものですが、これはお肌の表面を壊してしまい、お肌トラブルを起こしやすくなる物質です。

 

クレンジング剤を購入する時は、このようなことも頭に入れて、成分表示をしっかり確認したいですね。敏感肌などのお肌の弱い方は、特に注意して下さい。