イオウ系 ニキビ薬

イオウ系のニキビ薬が背中の皮膚を乾燥させてしまうのか?

あなたは、市販のニキビ薬を使用したことがありますか?市販されているニキビ薬の多くは治癒能力で、ニキビ患部を乾燥させた後にニキビを枯らす効力があります。

 

患部以外の肌も、背中ニキビの原因になりかねないのですが、患部の心配をしていますので、他部分の地肌はあまり気にしないようです。市販のイオウ系ニキビ治癒薬を、見えずらい背中だからといって広範囲にわたって塗り広げる人が多くみられます。

 

これは、肌への逆効果で、患部以外を極度に乾燥させてしまうのです。

 

場合によっては、悪化してしまい後で大変なことになるという恐れもあります。皮膚を硬化させ、角質を厚くさせてしまうのが乾燥です。肌のターンオーバーは28日周期で行なわれますが、乾燥は、それを乱してしまいます。

 

地肌から出る垢は古い角質で、その角質は肌の毛穴を塞いでしまい、背中ニキビの原因となります。

 

そして、乾燥などによって、正常な肌のターンオーバーを乱すということは、ニキビだけではなく背中のニキビ跡、色素沈着(シミ)の回復を妨げることにもなります。これを、どのように改善するのかは、背中の保湿をしっかりと行なうようにしましょう。

 

背中ニキビは保湿が大切なのです。

 

夏だけでなく、寒い時期にも背中ニキビが出来る場合や、皮脂を抑制する働きのあるローションを使用されている場合、ピーリングで古い角質を定期的に除去している場合は、背中ニキビのタイプが皮脂型、角質型など関係なく、十分な保湿を行なって肌の水分を一定に保つようにした方が良いでしょう。