背中ニキビ 色素沈着

背中ニキビの悪化が色素沈着やデコボコ跡になってしまうのか?

洋服で隠れているからと言って油断してはいけないのが、背中ニキビの悪化が
デコボコ跡や色素沈着になることです。自分の背中のニキビ跡をを知って
ニキビ跡の改善につとめなければいけません。

 

デコボコ跡や色素沈着をきれいにするには、いったいどうすればいいのか?
ニキビ跡にはさまざまな跡があります。

 

クレーターや、しこり、赤ら顔、ケロイド、赤二キビ、毛穴開き等の症状などです。
ニキビを出来ないような肌質にするのが一番良い方法ですが、すでに出来て
しまっている場合や、出来やすい肌質では、どうしようもありませんよね。

 

ですが、ニキビの跡の状態をよく把握しその原因を知り初期段階で対処すれば、
改善の度合いも変わっていくと思います。

 

ニキビが出来たからと放置するのではなく、しっかりとケアしていかなくてはいけません。
ニキビというのは、繰り返し皮膚の同じ部分に傷がつくと、傷は深くなりデコボコ状態に
なっていきます。

 

そして、シコリやケロイドなどの生涯の傷跡になります。結果、繰り返し同じ部分に出来る
ニキビの跡が、デコボコ跡や色素沈着になります。ニキビの跡にできる色素沈着もニキビの
後遺症の一つと考えられます。

 

色素沈着は炎症を起こした部分にも出来たりします。色素沈着というのは、
シミのことをいい、メラニン色素が原因となっています。

 

ニキビ跡の色素沈着は、表皮の一番奥の層の基底層で作られており、
その上の有棘層にあるメラニンが沈着して出来てしまうのです。
メラニンは、肌のターンオーバーで改善出来ますが、少し時間がかかるようです。